無利息期間を利用してキャッシング

消費者金融や銀行カードローンには、「無利息サービス」を前面に押し出しているところがあります。

 

無利息期間のメリット

無利息期間中に完済すれば利息は不要で、借りたお金だけ返済だけをすればよいことになります。また返済が長期になった場合、最初の30日間が無料になり、完済するまでの間は通常通り利息を払うことになります。

 

また返済が長期の場合、最初の30日間が無料になってもほとんど変わらないと思えますが、最初の30日間が無利息期間なら、最初の返済金額はすべて元金返済に充当されます。という事は、完済した時の利息と元金をあせた総返済額が少なくなるというメリットも有ります。

 

無利息期間のあるキャッシング会社

大手消費者金融で無利息サービスを設けているところは、

  1. SMBCコンシュマーファイナンス「プロミス」の借入から30日間の無利息サービス。
  2. 三菱UFJフィナンシャルグループ「アコム」は初回の契約日から30の無利息サービス。
  3. 新生銀行グループ「ノーローン」は借入の翌日から7日間、完済が終われば何度でも利用可能。

銀行カードローンでは

  1. ジャパンネット銀行ネットキャッシングは初回借入日から30日間の無利息サービス。
  2. 新生銀行カードローン「レイク」は5万円以内なら180日間、200万円以下の場合は契約から30日間の無利息サービス。

などがあります。

 

無利息期間の計算方法

無利息期間サービスは借入時から○○日間という場合と、契約日から○○日間と言う場合があります。この違いは、お金を駆らなくても契約が終わった時点から無利息期間が始まる場合の事で、一方借入時からというのは、実際にお金の借入をした日から計算するという違いがあります。

 

ですから、契約日からという場合、借入が30日後になった場合、無利息期間は終了している為利用できないという事もあるので注意が必要です。

 

借入後から無利息サービスが始まる場合、完済が借入から40日後になった時は、適用期間の30日は無利息になり、残りの10日分は通常金利になります。

 

無利息期間は、一定期間は無利息で借りられるというお得感は有りますが、長期返済をする場合は、低金利で借りたほうが得になります。